2018年05月02日

講  演:SECCON実行委員 竹迫良範氏
開催日時:2018年4月28日(土) 13:00~17:00
開催場所:PBL教室A
参加人数:学生20名、教員3名

概  要:竹迫氏より、ハンズオン「しゃべる掲示板作成で学ぶWebセキュリティ入門」を実施して頂きました。まず、スクリプト言語PHPと音声合成ツールを組み合わせて「しゃべる掲示板」を作成し、そこに存在するセキュリティ上の問題を探して修正しました。その後、Linuxのカーネルレベルで攻撃を検知するソフトウェアを作成し、その動作を確認しました。
ハンズオンを実施して頂いた竹迫氏には深謝いたします。

写真01
竹迫氏
写真02
ハンズオンの様子
2018年03月13日

講  師:株式会社サイバーディフェンス研究所 新穂氏、松隈氏
開催日時:2018年3月13日(火) 16:00~18:00
開催場所:PBL教室A
参加人数:学生17名、教員3名

概  要:架空の企業を模した環境を対象としたペネトレーションテストをハンズオン形式で実施しました。攻撃者の視点を意識しながら、環境の構成を推測することを体験しました。
株式会社サイバーディフェンス研究所、およびご講演いただいた新穂氏と松隈氏に深謝いたします。

写真01
ハンズオンの様子(右が松隈氏)
写真02
ハンズオンの様子(右奥が新穂氏)

 

2018年03月05日

講  師:株式会社サイバーディフェンス研究所 大徳氏、山崎氏
開催日時:2018年2月22日(木) 16:15~18:00
開催場所:情報センター講義室
参加人数:学生19名、教員2名

概  要:最初に株式会社サイバーディフェンス研究所 大徳氏より会社紹介をしていただき、次にフォレンジック調査の流れについて説明いただきました。途中、ハードディスクデュプリケータを用いたデモを実施しました。その後、山崎氏よりハッシュ技術を使った証拠の特定方法について説明していただきました。最後に種々のハッシュ方式による解析を行い、類似ファイルを特定するハンズオンを実施しました。
株式会社サイバーディフェンス研究所、およびご講演いただいた大徳氏と山崎氏には深謝いたします。

写真1
講師の⼭崎⽒(左)と⼤徳⽒(右)
写真2
HDD デュプリケータを⽤いたデモ
写真3
ハンズオン